写真師徒然〜小川保の写真的日常〜

水をテーマに撮影を行っている、写真師・小川保のブログです。ファインダーを通して見つめた日々のことを書きつづります。
人の名前っていろいろ……
0
    今日は、写真やダイビングとは全く関係ないお話しです。

    昨日、小川のノートパソコンのお気に入りを整理していたら、こんなサイトがありました。

    DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)
    namae

    「ネタ」(管理者がネタと思われるものは除外しているらしいが)が含まれているとはいえ、なかなか凄い!
    そういえば、最近の子供の名前って自分らの世代の名前と比べるとかなり様変わりしましたよね……女の子の名前で「○○子」とかほとんど無いし…

    でもって、このサイトで小川が見つけた驚愕の名前↓↓↓

    煮物(にもの)ちゃん←人の名前とは思えん…
    和音(どれみ)ちゃん←和音と書いて「わおん」ではなく「どれみ」と読むそうです。読めない…っていうかド・レ・ミって不協和音だよね。
    獣魂(じゅごん)くん←凄い!けものだましいと書いてジュゴン!海洋哺乳類まんまです。過去に「ジュゴンちゃん」というニューハーフいましたね(笑)
    歩妙(ぽにょ)ちゃん←♪ぽ〜にょ、ぽ〜にょ、サカナのこぉ〜♪のことでしょうか?
    有名人(ゆめと)くん←ちなみに兄弟は英理人(えりと)くんだそうです。参りました。
    魔離鳴(まりあ)ちゃん←族っぽい、画数多い、悪魔が離れて鳴く…ってなんか凄そう。

    どうです。
    まだまだ色々ありますが、興味のある方は…
    こちらからどーぞ
    DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)

    携帯サイトもあるようです
    DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)携帯サイト


    自分の子供の名前となると、とっておきの命名を…というお気持ちは分かります。でも、やっぱり、普通に読める名前が良いと思います。





    【2009.06.24 Wednesday 09:34】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    行ってきました。「こどもの目線」写真展
    0
      前回、このブログで紹介した

      見つけた!撮った!ワンダーランド
      『こどもの目線』写真展
      行ってきました。

      子供の目線1

      会場は、東京・日比谷公園内にある「緑と水の市民カレッジ」の三階。
      小川の事務所からは地下鉄で一駅の場所なので、前日まではお散歩がてらで歩いていくつもり……だったのですが、朝からのあいにくの雨。地下鉄で会場へ行きました。

      会場に入ると、小学生たちが撮影した写真作品、約470点がずらーっと展示されていて、かなり壮観!
      写真を一つ一つ鑑賞…ひと回り、今度はタイトルと写真を見比べながらひと回り。

      ん〜ん…いい感じ!

      やはり、純粋というか、ピュアな感性で撮影された写真は素晴らしい!!

      やはり写真は、こうじゃないとね…っていうのを感じました。

      そして、それに添えられたタイトルも素直で、共感できるものばかり……
      (フォトコンテストでありがちな、・・・なタイトルとは大違い!)

      「写真を撮る」という行為は、自分が見て感じたものを「写真」という手段で他の人に伝える行為である。
      シャッターを切る時に何かを感じ、それを伝えようという意思がないと「ただ撮っただけのつまらない写真」になってしまう。
      逆に、「面白い」「キレイだ」「カッコイイ」「可愛い」などなど、自分の心に感じたものを素直に、なんとか人に伝えようとして撮る写真には力があるものだ。今回この会場で遭遇した写真作品の数々にはその「力」が十分に湧き出ていて、写真を見る者に伝えようとするオーラを感じた。

      写真の構図が…とか、ピントの位置が…とか、レンズの使い方が…なんていうのは、写真を作品として仕上げるのに必要な要素かもしれないが、それ以前に自分が何を感じてレンズを向けるのか?というのが一番大切なんだ、ということを再認識させられました。

      『こどもの目線』写真展は、6月15日(月)まで、日比谷公園・緑と水の市民カレッジにて開催しています。ぜひ足を運んでみてください。写真師・小川おススメの写真展です。
      見つけた!撮った!ワンダーランド (リンク)


      今回、この会場で見つけた写真……
      atama

      この春、写真師・小川が息子を撮影した写真…
      musuko

      なんだか、同じ匂いを感じてしまいました〜(笑)

      ではでは
      【2009.06.06 Saturday 21:56】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      見つけた!撮った!ワンダーランド 「こどもの目線」写真展
      0
        小川の写真とは関係ないのだが……
        5月30日(土)〜6月15日(月)
        日比谷公園・緑と水の市民カレッジにて

        見つけた!撮った!ワンダーランド
        『こどもの目線』写真展

        こどもの目線
        が開催されます。
        読売新聞写真部記者が講師となって行われた写真出前授業「見る撮る伝える」に参加した小中学生の作品、約500点を展示した写真展だそうだ。


        長いこと写真の撮影をお仕事にしていると、ともすると「その媒体で使われる写真」みたいな枠にはまってしまったり、「この状況ではこう撮る」的な自分なりの法則に囚われてしまう場合がある。
        趣味としての写真でも、自分なりの法則に囚われることがあるだろうし、フォトコンの入賞を意識した撮影では、そのコンテストでの入賞の傾向にあわせた撮影をしてしまう方もいるであろう。

        それら「おとなの目線」の写真は、写真としての完成度が高いかもしれないが、どことなく「計算された」匂いがするものだ。

        被写体にレンズを向け、シャッターを切る以上、そこには撮影者が心に感じたものを「写真」として切り取り、人に伝えようという意識があるのだが、その時に自由に表現するか、状況に合わせつつ表現するかの違いがそこにはある。


        『こどもの目線』写真展では、「おとなの目線」には無い、感動を素直に切り取り、自由に表現する写真にめぐり合える機会である。

        というわけで、写真師・小川の「おとなの目線」で濁りつつある感性をこの写真展でチョッピリでも澄んだものにしょうかと……(笑)
        ※あさってより伊豆七島方面の撮影があるので、6月6日以降に会場に出没する予定です。

        見つけた!撮った!ワンダーランド (リンク)

        情報提供:ぺ さん

        【2009.05.29 Friday 22:18】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
        Adobe Design Summit 2009に行ってきま〜す♪
        0
          いや〜ぁ♪良いお天気ですね。
          絶好の撮影日和。雲ひとつない青空が広がっていますよ〜♪

          だのに……
          そんな時に限って、撮影の予定は無し(泣)

          というわけで、
          本日は、かねてから受講予約をしておいた

          『Adobe Design Summit 2009』

          に行ってきます。

          というか、開場は六本木の「ベルサール六本木」
          むちゃむちゃ地元です。

          メインテーマは
          「グッド・デザインで不況をぶっ飛ばせ!」

          だそうです(笑)
          なんか、ベタなテーマですね……ははは

          思わず、子供のころ、テレビのコマーシャルでやっていた
          「インフレ!飛んでけぇ〜!!!」
          というのを思い出しちゃいました。
          (何の宣伝だったかな?紳士服?)


          内容は…
          アドビのフォトショップ、イラストレーター、インデザインのCS4の使い勝手みたいです。

          ではでは、行ってきま〜す♪
          【2009.05.20 Wednesday 11:14】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ぜ〜んぶ一冊まるまるパナソニック「LINAX」で撮った写真集@千々政昭さん
          0
            水中カメラのハウジング、Nautilus(ノーチラス)ブランドで知られるテールのオーナー、千々松政昭さんの写真集がでました。

            テール写真集1

            テール写真集2 テール写真集3

            とはいっても、この写真集、じつは非売品!
            というのも、パナソニックがコンパクトカメラ「LUMIX」のマレーシアでの販促のために製作したもの。

            写真集の内容は、すべてパナソニックの「LUMIX」で撮影された作品。一冊まるまる「LINAX」で撮影したテールの千々松さんの「LUMIX」による水中撮影のノウハウはかなりのもの。「パナソニックのコンデジで水中写真を撮りた〜い♪」という人は、ぜひ横浜にあるテールを訪ねてみては…

            もちろん、他のどんなカメラでも対応できるお店です。
            ↓↓↓
            テールバナー
            【2009.05.02 Saturday 10:32】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            靖国神社奉納相撲、行ってきました
            0
              先日、沖縄・八重山の撮影に行ってきましたが、
              その前、ロケ出発の前日4月10日、靖国神社の奉納相撲を観に行ってきました。
              この奉納相撲、桜の季節の風物詩として毎年楽しみにしている行事で、
              お日様の下、桜吹雪とお相撲さんが撮影できるので、写真師・小川の写欲も自然と沸いてくるのだ。

              しか〜も、入場料はタダ!!
              なんと、素晴らしい……

              しかし、毎年、撮影の予定などで、靖国神社の奉納相撲観戦は数年ぶり…
              今年はなんとか、ロケの前日が開催日。
              (というか、ロケ日程をこのために調節した…ような節も…)

              前回同様、三段目取組くらいのタイミングで言ってみると…

              奉納相撲

              超満員!!
              前はこんなに混んでいなかったのに……

              完全に負けの気分。
              写真師・小川の写欲もゲンナリです。

              なんとか、気を取り直して…
              後方ではあるが、花道横を確保

              横綱

              横綱・朝青龍…肘を気にするポーズ(笑)

              調子にのって
              普天王

              普天王関と写真師Jrの2ショット

              ロケ前の1日、のんびりと華相撲を楽しみました。



              【2009.04.18 Saturday 23:50】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              もっさり君
              0
                先週末、マリンダイビングフェア2009が無事、終了しました。
                なんとも大盛況で昨年よりもさらに沢山の人が来場したもよう。
                おそらく、この3日間で5万人越えは確実でしょう。

                当日、会場撮影を担当した写真師・小川ですが、
                3日連続で開場〜閉場まで、立ち尽くめの撮影でさすがにヘロヘロでした。
                声を掛けてくださった皆々様、有難うございました。
                そして、ゴメンナサイ…
                完全にテンパってて、ゆっくりお話できませんでした。

                ところで…

                マリンダイビングフェアの前日、
                小川の携帯電話が急死してしまいました。
                症状は…マイクがぶっ壊れたもよう。
                通話中に、話し相手がいきなり
                「もしも〜し、あれ?聞こえない…もしも〜し??」
                ということが、数回。

                最初は小川としては、自分の電話がアンテナ3本立ちなので、
                「おいおい、電話するならもっと電波の良い所でかけなさいよ〜」
                と、完全に相手の電波状況をうたがっていました。
                ところが、あまりにも同じ状況が繰り返されるので、
                もしや…と思い、事務所の家電から小川の携帯に掛けると
                「……ザリザリ…・・・」
                完全にマイクがぶっ壊れていました。

                というワケで、急遽、機種変更!!購入!!

                正確には、ICカード機種からICカード機種への変更は機種変更ではなく、
                端末増設と言うそうです。


                も

                購入した機種は…
                au G'z One W62CA

                写真師・小川、ご存知のとおり水場でのお仕事も多く、扱いも乱雑なので前回からカシオのG'z One W42CAなる、タフな携帯電話の使っていました。
                というワケで今回も同じシリーズの昨年の夏発表のモデルを指名買いしました。

                ところが、ところが、

                この機種。価格.comのクチコミではすこぶる評判が悪い。
                なんでも携帯電話の共通プラットフォームが新しい「KCP+」というものになった当初の機種で今一成熟されてなにのか、様々なトラブルが多く、さらに文字変換などの操作感が悪いらしく、あちこちで「モッサリとした使用感が×」と書かれまくっていました(涙)

                でも、写真師・小川は評判の悪い、このG'z One W62CA買っちゃいました。

                しかも、既に販売終了してしまい、
                どのお店にも在庫が無いなかを捜しまくって、
                携帯電話の通販会社にある最後の一台を買っちゃいました。

                知ってて買っちゃうアホなヤツ…

                いいんです。

                クルマだって、マニアは、手のかかるヤツほど可愛いって言うじゃないですか…

                もっさ
                ↑潮見表なんか出ちゃったり…
                小川のいい玩具ですわ(笑)


                この、モッサリ評判の高い
                G'z One W62CAをウチでは、「もっさり君」と命名!!

                さて、実力のほどは…
                【2009.04.10 Friday 06:54】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                オフィスオガワの菜園
                0
                  こんにちは〜♪
                  桜も咲き始め、春ですね……
                  で、この葉っぱ、何だかわかります?
                  ブロッコリー

                  正解は…
                  ブロッコリーの苗です。

                  写真師・小川の事務所は昨年の初旬の赤坂から、
                  麻布台という場所に移転し、
                  その物件には、なななっなんと…

                  畑
                  ベランダの一部が岩造りの花壇になっております。
                  でもって、この花壇。
                  お花を植えても、撮影、撮影で愛でる暇もななく、
                  ぶっ壊すにも、かなりごっつい代物。
                  花より団子……いやいや、野菜!というワケで、
                  ブロッコリーを植えてみました。

                  ついでに…
                  バジル
                  バジル

                  スープパセリ
                  スープパセリ

                  チャービル
                  チャービル

                  などのハーブも植えちゃいました。

                  実は、この畑、いやいや、花壇。
                  去年はジャガイモ、ナス、バジル、大葉という実績!?もあり、
                  今年も…と期待してすでに、ジャガイモ、ワケギ、大葉を仕込み済み(笑)

                  どうなることやら…
                  【2009.04.01 Wednesday 15:39】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  第21回 東京国際映画祭
                  0
                    皆さん、ご無沙汰しています。
                    写真師・小川 保です…久々の更新です。


                    第21回東京国際映画祭・natural TIFF部門公式参加作品
                    Blue Symphony -ジャック・マイヨールの愛した海
                    観に行ってきました。


                    この映画、フリーダイビングのパイオニア。故・ジャック・マイヨールがこよなく愛した地、唐津を舞台に彼と地域の人との関わりや自然との関わりを通してジャック・マイヨールそのものの人生観を取り上げた作品。

                    作品の各所に波・夕日・雲・川のせせらぎなど唐津の自然が美しく、雄大に映し出され、スチール仕事の多い小川も「ムービーもいいなぁ…」と思いつつ、動画撮影に触手が伸びそうな衝動に駆られました。

                    作品の全般をとおして唐津で彼に関わってきた人たちがジャック・マイヨールという人物の人柄について語られていた。
                    小川も仕事柄、ジャック・マイヨール氏を撮影する機会があった。雑誌のインタビューでの撮影であったが、小川が抱いた彼の印象は一言で乱暴な言い方をすると「わがまま」の一言がぴったりだった。インタビューの時間になっても彼は現場に現れず、撮影中も「照明のストロボが眩しい」と言って中断させられたりもした。そのたびに彼の周りのスタッフたちは状況を取り繕うべくフォローをしているように見えた。

                    この作品でも、彼と共に時間を過ごした人たちのコメントから彼のわがままっぷりを感じることができたが、その「わがまま」とは「自然に逆らうことなく自由に生きる」という彼のライフスタイルが結果的に「わがまま」として周囲に伝わるのだと感じた。

                    自然の生き物の如く、本能の求めるまま生きることを人間社会に当てはめると「わがまま」と映るのであろう。

                    それだけ「人間社会」では様々な面で自由を縛って生きている。

                    社会のなかで「わがまま」と呼ばれないために…




                    http://chi.iii.u-tokyo.ac.jp/film/blog/←BLUE SYMPHONY OFFICIAL BLOG

                    【2008.10.25 Saturday 07:03】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(1) | - | - | - |
                    水景デザイナー 東城久幸さん TV出演のご案内
                    0
                      1月ももう最終日ですね、もう2月です。

                      2月といえば…
                      小川にとってザトウクジラのシーズン到来です。
                      前回、小笠原のチャーターボートの残席分の募集をしましたが、
                      まだ、若干乗船可能です。
                      興味のある方、ぜひご一報下さい。一緒に撮影しましょう。

                      ところで、クジラ撮影の準備でウキウキ、ワクワクしている
                      小川の事務所に一通のFAXが送られてきました。

                      内容は…

                      緊急報告!東城久幸がテレビ東京「ソロモン流」にメイン出演!

                      となっていた。


                      東条久幸氏とは…
                      日本を代表する水景デザイナーのパイオニア的存在で、
                      アクアリウムのコンテストに数々の受賞歴残し、
                      多くのテレビ番組に水景を提供してきた実績を持つカリスマ的存在の方です。
                      写真師・小川としてはもっぱら水中で自分が潜って撮影することが多いのですが、昨年、東条氏の会社のホームページの撮影もさせていただきました。

                      東条氏が提供する「水景」は、水の中の「ゆらぎ」の世界の表現であり、
                      それを見る側に対し、ある種の癒しにも似た安らぎを与えるというのがコンセプトにある。
                      写真師・小川の目指す「いい写真」にも共鳴する部分もあり、水中と水槽という違いはあるけれど、水の世界の空気感!?という同じベクトル上にあるお仕事として、とても興味深く仕事が出来ました。


                      というワケで…その
                      東条久幸氏のお仕事というか、生き様がテレビで公開されます。

                      内容は知りませんが…多分…

                      乞うご期待!!!

                      「ソロモン流」テレビ東京にて2月10日(日)21時54分〜22時48分


                      情報提供:螢▲ア環境システムTOJO
                      東条久幸氏ブログ
                      【2008.01.31 Thursday 23:33】 author : tamon-s | ちょっと息抜き | comments(0) | - | - | - |
                      CALENDAR
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      RECOMMEND
                      NEW ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      写真師のおすすめの本
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      SEARCH
                      PAGETOP