写真師徒然〜小川保の写真的日常〜

水をテーマに撮影を行っている、写真師・小川保のブログです。ファインダーを通して見つめた日々のことを書きつづります。
<< ランチ飲み♪のはずが… | main | ついに来た…40代! >>
月刊「マリンダイビング」8月号 513 発売中です!
0
    こんにちは〜
    ようやく関東地方も梅雨が明けて、夏真っ盛りです。
    「海の日連休」目前!皆さんはお休みの予定たてました?

    写真師・小川は…というと、撮影です。
    それも、海ではなくて都内での撮影悲しい
    海生きてぇ〜!

    ところで…(急な切り替えし)

    7月10日発売、月刊「マリンダイビング」8月号
    発売中です。
    Marine Diving (マリンダイビング) 2009年 08月号 [雑誌]
    Marine Diving (マリンダイビング) 2009年 08月号 [雑誌]


    今回は、特別付録「IZU Walker」付きです。


    ↓8月号、撮影日記↓
    お〜りと〜り
    石垣島
    6月11日〜13日に石垣島で開催された
    「2009 Diving festa 石垣島」に合わせた日程で石垣島に行ってきました。
    石垣島灯台1

    内地よりも一足先に梅雨明け…
    「真夏の石垣にエントリー」みたいな写真。
    やはり、8月号としては「夏」を前面に出した感じで…

    しかし、実際には八重山地方も梅雨が明けるかどうかという微妙な時期で…
    上の写真を撮る5分前は…
    ↓こ〜んな感じ↓どよ〜んとした重たい雲と雨が少々…
    石垣島灯台2
    石垣島ロケは終始こんな調子で時計と空を順番に睨めっこの撮影でした(汗)

    そんなお天気と写真師・小川につきあって
    撮影協力してくださったのは…
    バタフライスタッフ集合
    石垣市街にお店を構える
    『バタフライ ダイブ オーシャン』さん。

    ありがとうごいました。
    バタフライ ダイブ オーシャンのサイトはこちら

    そして、島をあげてのイベント
    「2009 Diving festa 石垣島」は、最終日のガーデンパーティーにお邪魔しました。
    ダイビングフェスタ石垣島
    イベント最終日の夕方から、新川にある「舟蔵の里」のお庭で大賑わい♪
    ビール片手にステージイベントやフォトコンテスト…
    聞くところによると、来場者は、なんと250名あまりの大賑わい。

    みんなで、ワイワイ♪ガヤガヤ♪
    ワイワイ♪ガヤガヤ♪
    ワイワイ♪ガヤガヤ♪

    と、なにやら空からポツリ、、ポツリ、、、
    で、ザーザーザー&ピカッ!ゴロゴロ!!

    全員、傘をさしたり、屋台のテントに逃げ込んだりの大騒ぎ(笑)

    しばらくすると、雨は上がりイベント再開。

    またしばらくすると、土砂降りの雷雨。
    なかには、大雨の中でも動じることなく
    車座で飲むグループもあったり…
    (参りました)

    みたいなのを繰り返すこと数回、無事!?ガーデンパーティーは終了。

    ある意味、ガーデンパーティーの醍醐味を味わったような…(笑、笑、笑)

    楽しかったですぅ〜♪








    ダイブクルーズで大物三昧!
    アシカと遊ぶ ラパス
    lapaz2
    ラパス、行きました。
    といっても、撮影は昨年の10月のことです。
    ラパスでのダイビングは街中のホテルやペンションに泊まる「タウンステイ」やキャンプ地をベースにして潜る「キャンプステイ」、クルーズ船で移動しながら潜る「ダイブクルーズ」と色々なスタイルがあるのだが、今回の取材は『ダイブクルーズ』でした。

    日本人の参加者は13名。その中で写真やテレビといった撮影に従事している人がなぜか自分を含め4人!!!何でじゃぁぁぁ!!!
    とは言っても小川以外の方々は皆、プライベート♪
    思い思いに撮影を楽しんでいました。
    (いいなぁ〜って、自分も十分楽しんでたけど…)
    lapaz3

    「ラパス」と言えば、メキシコ、メキシコと言えば…テキーラ!

    lapa4

    おっとっと間違えた(汗)

    ラパスと言えば…アシカ!
    lapaz1

    というワケで、今回は特別にこれからラパスへ行く人に
    「アシカ」をひとり占めにする技を伝授!!
    題して…
    「ここにいるアシカ達!全部コッチ来い!!」作戦
    あははは、へんなの〜

    写真師・小川がこの技を修得したのは、じつはアシカの水中撮影の後。
    無事、撮影も終わり、ボートへ水中移動で泳いでいるときに編み出した技!?なので、証拠になる写真は一枚も無い…ので、つたない文章で説明しよう(ゴメン)。

    【ここにいるアシカ達!全部コッチ来い!!作戦】
    この技を編み出した経緯は、先にも書いた通り水中撮影の終了後。
    写真師・小川はカメラやストロボのスイッチをOFFにし、レンズのカバーをBCDのポケットから取り出そうとした瞬間に起こった出来事に起因する。

    一般的にBCDのポケットはファスナーのタイプとベルクロのテープのタイプがあるが、この場合は「ベルクロ」が望ましい。

    方法は簡単。視界にある程度アシカが見える状況で作戦は遂行されるのが最適。水面上に何頭かのアシカを確認。
    おもむろにBCDのベルクロを「ビリビリビリ〜!」と見せ付けるようにジックリやるだけ。

    もともと好奇心の強い生き物なので、この「音」が興味深いらしく自分のところへ様子を見に来る。

    小川はこの「ビリビリビリ〜!」を繰り返しているうちに、凄い数のアシカに囲まれてしまった!!

    これは楽しい!!!

    思わず、「ビリビリビリ〜!」「ビリビリビリ〜!」「ビリビリビリ〜!」「ビリビリビリ〜!」「ビリビリビリ〜!」「ビリビリビリ〜!」「ビリビリビリ〜!」「ビリビリビリ〜!」「ビリビリビリ〜!」
    みたいになります。

    後で思えば、自然の生き物に対してこのように「操作?」するのは影響などを考えると「・・・」だが、その時はとってもハッピーな気分でした(笑)

    もし機会があったら(少しだけね)お試しを…
    たまたま、その時の興味のツボにはまっただけかも知れないけど。




    金夜発、土日でドルフィンスイム&ダイビング!
    三宅島
    三宅島って、じつはひさびさなんです、小川。
    はっきり覚えてないのですが、15年ぶりくらい…ですかね。
    で、今回の撮影のガイドをしていただいたのが、
    「べたなぎ」さんの浜本 智明さん。ありがとうございました。
    べたなぎ
    べたなぎのサイトはこちら

    今回の三宅島でいちばん面白かったのが
    大久保浜
    というビーチスポット!

    ここで、マリンダイビング8月号の見開きページのほとんどの撮影ができちゃいました(笑)
    もちろん!ガイドさんの「腕」があってのものですが…

    なかでも、個人的に嬉しかったのが「ハナイカ」

    前回ご紹介したマレーシアのポンポン島でひそかに狙っていた被写体。
    結局、マレーシアでは出会うことができず、三宅島で…
    しかもハナイカの卵まで撮れちゃいました。

    これには写真師・小川も、担当の編集・笹岡氏(おさかなチャンピオン)も大喜び!!

    マレーシアもこの小川・笹岡コンビでした…
    笹岡さん

    ご満悦のおさかなチャンピョン笹岡氏と今回、モデルをお願いした輪野 晃代
    さん


    いやぁ〜、大っきいのも、ちっちゃいのも楽しい三宅島でした。




    日帰りでダイブ&アフターを満喫!
    夏は湘南! 江の島"鎌倉沖"
    「江の島」といえば…写真師・小川がダイビングを始めた高校生のころ、ダイビングに行くお金が無くて、ひたすらスキンダイビングをしていたところです。

    いわば、「写真師・小川、発祥の地」みたいな所です。

    お世話になったダイビングショップは
    「ウエストビーチダイビングセンター」さん。
    湘南のお店だけに、おしゃれなお店です。
    片瀬江の島駅の駅近ダイビングショップ!!
    enoshima
    ウエストビーチダイビングセンターのサイトはこちら

    8月号の切り口は
    「日帰りでダイブ&アフターを満喫!」です。

    なので、水中撮影の後は、橋を渡り江の島へ…

    江の島に渡り左のほうにいくと…
    「とびっちょ」というお店があります。

    ここが凄い!
    なにが凄いかというと…
    とびっちょ2とびっちょ1

    しらす三昧

    も〜、「しらす」だらけって感じです。
    生しらす丼に始まり、しらすの掻き揚げ、生しらす寿司、しらすの茶碗蒸し、しらす豆腐にしらすパン!

    これでもかーっつうぐらいの「しらす攻め」です。
    もう、当分、しらすはいいわぁ〜(ゲプ)
    とびっちょのサイトはこちら

    もう一つ、江の島でのダイビングのアフターにサプライズ!

    写真師。小川の個人的なサプライズなのですが、
    「サンダー平山」に合いました!!!
    サンダー

    小川はアフターの撮影、サンダーも夕日の撮影というワケでバタバタして写真を撮るのを忘れてしまった(汗)この写真は2006年の写真展で一緒に撮った写真です。

    といっても、普通の人だと????ですかね〜
    この「サンダー平山」と言う人、いやいやお方。
    小川が写真学校に通っていた頃の学校の先生。
    本業は「写真機家」というカメラに関する記事を執筆する第一人者で、
    女性や湘南界隈を撮ったらかなりかなりの凄い人。
    在学中から卒業後しばらくは撮影だのキャンプだのと良く遊んでいただきましたが、最近ご無沙汰で、えれ〜久しぶり。。

    最近はデジタルの写真を「最良」のプリントに仕上げる方法を完璧にマスターされたとのこと……

    近々、その秘策を教わりに行こうかと考える、写真師・小川でした。

    以上、マリンダイビング8月号の撮影日記でした。
    【2009.07.16 Thursday 00:05】 author : tamon-s | お知らせ | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    うおっ、懐かしのサンダー先生だ^^
    グレートなブリントの授業一緒に受けたいかも(笑)
    【2009/07/16 10:51 PM】 大将☆ |
    コメントする





     


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tamo2.net/trackback/965351
    トラックバック
    CALENDAR
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    写真師のおすすめの本
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP