写真師徒然〜小川保の写真的日常〜

水をテーマに撮影を行っている、写真師・小川保のブログです。ファインダーを通して見つめた日々のことを書きつづります。
<< 日本テレビ「音のソノリティ」 第三弾!!放送決定。 | main | 月刊「マリンダイビング」6月号 508 5月9日発売です! >>
写真師・小川の愛車
0

    今日、小川のクルマが車検整備から帰ってきました。

    W1243

    小川のクルマはメルセデス・ベンツのE320(W124092)ステーションワゴン。
    平成6年の登録で、15年落ちの古いクルマですが、とても気に入っています。
    「ベンツだから」ではなく、『道具』として小川の性に合っているので…。

    普通、15年も使えばたいていのクルマはくたびれて、どこか軋んだり、変な音が出たり、乗り味が甘くなったりと古臭さが出るのですが、コイツはそんなことは全く無く、「消耗品さえ交換すれば新車の乗り味」って感じが素晴らしい。

    モノの本によると、このW124という形式のメルセデス、バブル期のいい時代に開発されたクルマで、コストがどうのとか、生産性がどうのとかはまったく関係なく、「最善か無か…」というキーワードのもとに本当に良い物を作ろうとメルセデスが努力していた頃のモデルで、ある意味、完成されたクルマと証されているらしい。
    (その後、トヨタのセルシオに押されたメルセデスは、生産性やコスト意識に目覚めたとか……)

    とにかく、当時の妥協の無い頑強な骨格をそなえたW124なので、消耗部品の交換と常識的なメンテナンスさえしていれば、当時の性能と乗り味をユーザーに提供してくれるクルマなのです。

    お話しは変わって…カメラという『道具』のお話し。

    カメラもクルマと同じく、機械であり、道具です。
    やはり、小川の性に合う道具として…消耗部品の交換をして、「きちんとオーバーホールをすれば永く使い続けられる。」というのが小川の信念としての理想なのだが、銀塩からデジタルへと写真が変化し、デジタルカメラの技術が日進月歩で、どんどん新しい技術が導入されている昨今では、そんな理想の道具に行き着かないのが現状である。
    ともすると、古いカメラをわざわざ修理して、後生大事に使っていたりすると、鼻で笑われてしまうのがオチだ。

    今、エコロジーとか資源保護という言葉が持てはやされるが、新しいモデルが出るたびに買い換えるのと、同じモデルをいつまでも使い続けるのとでは、どちらがエコロジーで、どちらが資源保護になるのだろうか?

    そのあたりに、世の中の本音と建前を感じっちゃたりするのだが…
    (まぁ、それだけデジタルカメラを取り巻く技術ちゅうのは、まだまだ未成熟なんですかね…『道具』として…)

    お話しは元に戻って…小川のクルマのお話し。

    写真師・小川の愛車とするW124。確かに完成度が高く、古いクルマであるにも関わらず、自動車評論家からの称賛は高い。で、確かに消耗部品をキチンと交換してメンテナンスすれば、末永く付き合える『道具』である。

    しか〜し!

    最近、その交換するべき部品が多くなってきてタイヘン(汗)
    部品、一個一個の価格は、驚くような値段ではないのだが、それがいくつもいくつも…となると、地球のエコロジーとか資源保護なんかよりも、自分のお財布の中身の資源が枯渇して、エコでなくなってくる(笑)

    今回の車検整備に加えて、見積りがなんと! 54万円!う〜ん、シビレルねぇ

    金額だけではなんなので、その整備内容は…
    ブレーキオイル交換
    クーラント交換・漏れ点検
    クーラント濃度調整
    パワーステアリングオイル点検
    ATF点検
    ATセレクターレバーのブッシュ交換
    タイロッドの脱着・交換
    フロントホイールのトーイン調整
    フロントホイールハブの脱着・シーリング、ベアリング交換
    Vベルトテンショナー脱着・交換
    ベルトテンショナーのショックアブソーバー交換
    Vベルト交換
    バッテリー交換
    ミッション、エンジンマウント交換
    メインハーネス交換

    とまあ、こんな具合です。
    これだけ手を入れて、この価格…
    きっとお手頃なのでしょうが、やはりシビレル。
    なので、主治医の先生…いやいや、メカニックの方に優先順位を決めてもらい、徐々に手を加える作戦となりました。

    W1242

    W124にちなんでナンバーも「124」です(恥)


    良い物と末永く付き合うには、
    それなりの忍耐と大勢の福沢諭吉さんが必要なんですね(泣)
    【2009.04.30 Thursday 10:25】 author : tamon-s | 機材のおはなし | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    小川写真師さま、ご、54万円とは大変ですねぇ。
    自分を守ってくれるものだから、いい車との出逢いはよかったですね^^
    で、あのお世話になった伝説のSafariは何処に?


    【2009/05/02 8:16 PM】 大将☆ |
    コメントする





     


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tamo2.net/trackback/905941
    トラックバック
    CALENDAR
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    写真師のおすすめの本
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP