写真師徒然〜小川保の写真的日常〜

水をテーマに撮影を行っている、写真師・小川保のブログです。ファインダーを通して見つめた日々のことを書きつづります。
<< お散歩撮影・銀座編 | main | 月刊「マリンダイビング」6月号。絶賛発売中!! >>
お散歩撮影【両国編】
0
    前回でもお話したように、小川が新しいカメラになじむにはひじょうに時間がかかる。少しでも早く、自分の道具としてモノにするためには「兎に角使い込むこと」というわけで、お散歩撮影にでました。
    行った先は両国。両国といえば国技館。5月5日は横綱審議委員会の稽古総見の一般公開があり、ただでお相撲が見られるのだ。
    というわけで、「お相撲を見るため」いやいや、「カメラに慣れるため」に国技館に行ってきました。
    keiko01
    朝7時開場なので、ちょっと早めの5時半に赤坂の事務所を出発。両国駅に6時ちょい過ぎに到着。電車が駅に着くなり、十数名の人が駆け出した。あれれ?
    改札駅をぬけて、国技館方面に目を移すと……もの凄い人の列!入場無料&晴天のゴールデンウィーク効果でしょうか?
    とにかく、もの凄い人数でした。

    前日のカミさん(小川よりもお相撲好き!?)との打ち合わせで、席は自由なので1階桝席・正面を狙う予定だったが、急遽作戦変更!
    狙うは、2階椅子席A・正面最前列!
    この席は土俵を見下ろすアングルになり、土俵ぎわの俵が良く見える。つまり力士の足の運びや相撲の流れが見やすい角度になっているのだ。しかも2階部分が1階桝席の中列よりもせり出しているので、下手に桝席の後方を陣取るよりも近く、はるかに見やすいのだ。なんていっても天覧相撲のときの天皇陛下と同じ目線で見られるのだから悪いはずがないのだ!
    無事、良席を陣取りテスト撮影とあいなるはずだった。が、ついつい撮影に夢中になってしまい、色々設定を変えて撮影をするつもりが機関銃のように連写、連写、連写。
    まったくテスト撮りになりませんでした。
    お陰でカメラの操作は大分、慣れました(笑)

    keiko02

    幕下力士の「申し合い稽古」風景。
    ナイスな場所取り!1階の向正面だったら、力士の人垣で見にくかったかも…

    keiko03

    十両・幕内力士の「申し合い稽古」
    申し合い稽古とは、勝った力士が次の相手を指名する試合形式の稽古。勝負がついた瞬間、多くの力士が名乗りを上げる。なかには強引に割って入ったる人も…



    keiko04

    豊真将vs垣添
    豊真将の親方、錣山親方(元寺尾)は場内のFM放送「どすこいFM」で解説をしていました。終止、豊真将の動きに対して厳しい解説というか、愚痴というか、文句というか、注文が……

    kitazakura01

    5月5日、6日は両国界隈で「両国にぎわい春祭り」を開催。
    両国のお祭りらしく、相撲甚句や触れ太鼓の披露、ちゃんこ屋台といった相撲色の濃い内容が目白押し。なかでも、写真師・小川の目を見張ったのは「北桜関のビーズ展」だ!北桜関が日ごろ趣味として親しんでいる「ビーズ」の作品や製作風景を披露するというもの。
    うわさには聞いていたが…スゴイ!…本格的というか…でっかい指なのに器用(失礼!)

    kitazakura02

    北桜関と2ショットで撮影!
    記念撮影だのサインだのとワイワイ、ガヤガヤやっていたのに
    なぜ、二人とも笑ってないんだ?我ながら不思議??

    kitazakura04

    写真師・小川愛用の扇子にサインしてもらいました。
    普段使いの扇子にごひいき力士のサインって、いいでしょ。


    テスト撮影といいながら、すっかり遊んじまった(反省)けど、大分、カメラになれた感じぃ(笑)

    明日より、いよいよ実戦配備です。
    【2007.05.06 Sunday 19:37】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(1) | - | - | - |
    コメント
    北桜関が不安そうな顔をしているのは、たぶん私の撮影が心配だったのでしょう。ごめん(;^^)ヘ..
    【2007/05/07 11:41 PM】 おくさん |
    コメントする





     


    CALENDAR
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    写真師のおすすめの本
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP