写真師徒然〜小川保の写真的日常〜

水をテーマに撮影を行っている、写真師・小川保のブログです。ファインダーを通して見つめた日々のことを書きつづります。
<< 陸撮用カメラの防水対策 | main | クジラ撮影の道具【フローティングベスト】 >>
クジラ撮影の道具【バッカン】
0
    JUGEMテーマ:写真
    今期のクジラ撮影まであと13日。
    今日はクジラ撮影で使っている道具を紹介します。

    【バッカン】ばっかん??なんかヘンテコな名前ですが…

    バッカン
    このバッグ、「バッカン」って言います。
    クジラ撮影のみならず、私のような水際での撮影ではタイヘン便利なのですが、
    カメラ屋さんでは売っていません。


     
    このバッカン、購入するには釣道具屋さんに行ってください。
    そう、これは正真正銘の釣道具で、
    簡単に言うと「蓋付バケツ」で釣った魚やコマセなどの餌入れとして使うらしいです。

    写真師・小川はこのバッカンをどのように使うかというと…
    防水カメラバッグ
    として使います。

    よく船に乗るとスタッフが
    「濡れては困る物は船室に入れて下さ〜い♪」
    などとインフォメーションしてくれることがある。

    確かに(水中カメラでない)カメラは濡れては困るのだが、
    クジラが出てから「カメラ…カメラ…」って言いながら
    船室の奥からカメラを出すのでは間に合わない場合もある。

    というわけで、できれば必要なカメラはすぐに取り出せる状態にしておきたい。
    結果として波しぶきのかかるような場所に置くことになる。
    そこで活躍してくれるのが…

    バッカン!
     なのだ←なんか響きが好き(笑)

    本来、釣りに使うバケツなので中に水をいれても漏れない構造なので、
    逆にドライボックスとして使えば外部からの水から守られるという発想です。

    以前にヨットレースを専門に撮影するフォトグラファーは
    釣り用のクーラーボックスをカメラケースにしている
    と言ってました。
    確かにクーラーボックスのパッキンやパチン錠は中の水や冷気を逃がさないので、
    中にカメラを収納すれば外部からの水の進入をシッカリ守ってくれます。
    さらに、保温・保冷性を確保するための分厚い壁面が中の機材をシッカリ守ってもくれます。
    しかし、外の大きさのわりに内容積が小さいのと、頑丈な代わりにけっこう重いというのが欠点となる。

    というわけで、小川が愛用しているのが、このバッカンという代物。

    写真師・小川愛用のバッカン(PROX製)


    材質はEVAという樹脂製でハードタイプのクーラーボックスに較べると薄く、
    中に精密機器であるカメラを入れることを考えるとペコペコしていて少し不安かもしれません。
    現場での取り扱いは注意が必要かもしれないが、中に入れる機材をキルティングの袋で守ったり、
    バッカンの内部にウレタンのクッションをひくなど工夫すればほぼ問題無い。

    クッション材としてウレタンを下にひいてます。

    防水性に関しても、クーラーボックスのようにパッキンとパチン錠ではなく、ファスナーなので、
    心許なく感じるかもしれないが、蓋が本体に被せこむタイプの物であれば、
    内部が浸水するようなこともほとんど無い。
    実際、クジラ撮影の移動中にかなりザブザブに波しぶきを浴びたこともあるが大丈夫でした。

    蓋が本体に被せ込んでいるのがおススメ!

    写真で紹介しているのはEVA素材の厚いタイプだか、
    もう少し薄いタイプだとぺしゃんこに折畳めるのもあります。
    これだと移動時はかなりコンパクトでダイビングバックやスーツケースに簡単に入ります。
    大きさも色々あるので、自分の撮影機材に合わせたサイズが選べます。

    クジラの撮影とは関係ないが、小川の場合、
    ダイビング雑誌の取材やビーチリゾートでの取材の時、
    普段使っているナイロン製のショルダータイプのカメラバックを
    そのままスッポリとバッカンに入れて水辺の撮影に使ったりもしている。もはや必需品!

    というわけで…
    水を被っても大丈夫なカメラバッグ、

    バッカン

    の紹介でした。

    ところで…
    この「バッカン」って、なんで「ばっかん」で言うんだろ???

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    おまけ…

    初めて参加される方から「水中カメラのストラップについて…」質問があったので

    写真師・小川の場合、特に深〜いこだわりはありません。
    というか、基本的にはストラップを頼りにカメラを持つことは無く、
    万が一、カメラが手から離れた時にロストしないための「お守り紐」です(笑)
    なので、ごく一般的な手首を通すタイプ↓↓↓を使っています。


    【2012.01.21 Saturday 00:40】 author : tamon-s | クジラ撮影 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする





     


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tamo2.net/trackback/1120673
    トラックバック
    CALENDAR
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    写真師のおすすめの本
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP