写真師徒然〜小川保の写真的日常〜

水をテーマに撮影を行っている、写真師・小川保のブログです。ファインダーを通して見つめた日々のことを書きつづります。
<< お肌に優しい石鹸は自然にもやさしい…….. | main | 2011年!明けましておめでとうございます♪ >>
ザトウクジラ撮影2011 in Kume Is.に向けて……..
0
    JUGEMテーマ:写真
    今年もあとわずか……

    年末となると、通常業務に加えて年賀状に、大掃除…
    みなさんは順調に年の瀬をすごしてますか?
    写真師・小川は年賀状はOK…大掃除は・・・です。

    そんなこんなをそっちのけでシッカリ進めているのが、
    ザトウクジラの撮影準備!

    今日は航空券の手配を無事、完了しました。

    今シーズンの久米島での撮影予定は……
    2011年2月2日〜13日
    日によっては、若干の乗船枠があります、参加したい方はご連絡ください。→メールフォームへ




    クジラ船は撮影用にチャーターして、「ザトウクジラを撮りた〜い♪」という人たちで乗り合いになります。

    なので、一般的なホエールウォッチングの船のように午前と午後で各1便、所要時間3時間…なんてことはありません。

    朝9時出港!夕方5時帰港!

    まるで、会社勤めのように9時5時のまるまる8時間、ぶっ通しの乗船&撮影!
    状況によっては、さらに朝1時間出発を早めたり、夕方1時間延ばして夕景とクジラの絡みを撮影したりもします。



    丸1日クジラを追い続けるのには理由(ワケ)が…

    島周辺にもクジラは居るのですが、さらに状況の良い場所に行くには、それなりの時間がかかる。

    クジラを発見しても、クジラの様子が撮影に適した状況になるまでウォッチングを続けなければならない。

    と言うわけ3時間やそこらでは撮影にならないのだ。
    一般の観光のウォッチング船のように「クジラを見るのが目的」というのと「クジラを撮影する」のが目的の我々のクジラ船とではスタンスが全然違います。

    乗船する人たちも…

    一日中船に乗っていてもまったく酔わない、もしくはゲロゲロに船酔いしても、それでもクジラが大好き。

    とか

    撮影に忙しくて、「のんびりお弁当タイム」ではなく「カメラ片手に、片手におにぎりランチ」でも文句を言わない。

    といった人でなければ、とてもツライ日々に……(笑)

    興味のある方、チャレンジしてみたい人はご連絡ください→小川のメールフォームへ…

    なお、撮影期間は上にも書いたように
    2月2日〜13日です。
    期間中であれば、入り日、帰り日は自由。
    なお、那覇→久米島の1便(JTA871 07:45発 08:20着) の飛行機であれば、
    久米島到着後、そのまま港に行って、その日から乗船できます。
    さらに、帰りの便を久米島→那覇(JTA 222 19:00発 19:35着)であれば、クジラ船乗船後、そのまま帰れます。

    【2010.12.29 Wednesday 23:27】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする





     


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.tamo2.net/trackback/1120656
    トラックバック
    CALENDAR
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    RECOMMEND
    NEW ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    写真師のおすすめの本
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    SEARCH
    PAGETOP