写真師徒然〜小川保の写真的日常〜

水をテーマに撮影を行っている、写真師・小川保のブログです。ファインダーを通して見つめた日々のことを書きつづります。
クジラ撮影の道具【フローティングベスト】
0
     
    前回の「クジラ撮影の道具」の紹介で
    釣り用の道具から「バッカン」をご紹介しました。

    で、今回も引き続き釣り道具なんですが……

    フローティングベスト

    を紹介してみようかと……



    「フローティングベスト」って小川が着ているポケットいっぱいのベストのことです(写真:冨樫敬)

    続きを読む >>
    【2012.01.23 Monday 21:33】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ザトウクジラ撮影2011 in Kume Is.に向けて……..
    0
      JUGEMテーマ:写真
      今年もあとわずか……

      年末となると、通常業務に加えて年賀状に、大掃除…
      みなさんは順調に年の瀬をすごしてますか?
      写真師・小川は年賀状はOK…大掃除は・・・です。

      そんなこんなをそっちのけでシッカリ進めているのが、
      ザトウクジラの撮影準備!

      今日は航空券の手配を無事、完了しました。

      今シーズンの久米島での撮影予定は……
      2011年2月2日〜13日
      日によっては、若干の乗船枠があります、参加したい方はご連絡ください。→メールフォームへ




      クジラ船は撮影用にチャーターして、「ザトウクジラを撮りた〜い♪」という人たちで乗り合いになります。

      なので、一般的なホエールウォッチングの船のように午前と午後で各1便、所要時間3時間…なんてことはありません。

      朝9時出港!夕方5時帰港!

      まるで、会社勤めのように9時5時のまるまる8時間、ぶっ通しの乗船&撮影!
      状況によっては、さらに朝1時間出発を早めたり、夕方1時間延ばして夕景とクジラの絡みを撮影したりもします。



      丸1日クジラを追い続けるのには理由(ワケ)が…

      島周辺にもクジラは居るのですが、さらに状況の良い場所に行くには、それなりの時間がかかる。

      クジラを発見しても、クジラの様子が撮影に適した状況になるまでウォッチングを続けなければならない。

      と言うわけ3時間やそこらでは撮影にならないのだ。
      一般の観光のウォッチング船のように「クジラを見るのが目的」というのと「クジラを撮影する」のが目的の我々のクジラ船とではスタンスが全然違います。

      乗船する人たちも…

      一日中船に乗っていてもまったく酔わない、もしくはゲロゲロに船酔いしても、それでもクジラが大好き。

      とか

      撮影に忙しくて、「のんびりお弁当タイム」ではなく「カメラ片手に、片手におにぎりランチ」でも文句を言わない。

      といった人でなければ、とてもツライ日々に……(笑)

      興味のある方、チャレンジしてみたい人はご連絡ください→小川のメールフォームへ…

      なお、撮影期間は上にも書いたように
      2月2日〜13日です。
      期間中であれば、入り日、帰り日は自由。
      なお、那覇→久米島の1便(JTA871 07:45発 08:20着) の飛行機であれば、
      久米島到着後、そのまま港に行って、その日から乗船できます。
      さらに、帰りの便を久米島→那覇(JTA 222 19:00発 19:35着)であれば、クジラ船乗船後、そのまま帰れます。

      【2010.12.29 Wednesday 23:27】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      たいへんご無沙汰&2010年の小川をチョッコシ振り返る。..
      0
        たいへん、たいへんご無沙汰してしまいました(汗)
        写真師・小川です。

        どのくらいのご無沙汰かというと…
        な、なんとゴールデンウィーク以来の更新!

        いつも見に来て下さる方々にはたいへん申し訳なく思っております。
        と、言うわけで、最近の小川の近況報告です。

        というか、すでに師走に入り今年もあとわずか、
        小川の撮影予定もあと数本なので、2010年の報告!?

        撮影のお仕事のほうは、海外ロケ10本、国内ロケ15本、撮影日数180日くらい…
        これが多いのやら、少ないのやら良くわかりませんが、コレに加えてそれぞれの打ち合わせやら、撮影データーの整理、クライアントへの納品やらで結構忙しい日々だったかなぁ〜
        (そんなわけでこのブログの更新が…←言い訳、汗)

        ところで…

        ↓写真師・小川の公式サイト↓
        http://www.tamo2.net/index.html

        が、一部で見られなくなってしまいました。たぶん、Internet Explorerのバージョン8あたりが影響しているみたい…

        なんとか復旧したいのですが、なにせ小川が自分で作ったHPで素人づくりで、何がなにやらさっぱりわからんのです。

        たいへんご迷惑かけしております。

        JUGEMテーマ:日記・一般


        【2010.12.11 Saturday 22:20】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        最近、ちょっと撮ってみたいもの。
        0
          7月の初更新…もう10日ですけど…

          2月のクジラの撮影の時に参加者のかたにも
          つぶやいたのですが……

          「写真師・小川が最近、ちょっと撮りたい被写体がありまして……」

          と言うと、水中写真の愛好家は…
          「どんな魚?ウミウシ?海洋哺乳類??」
          と見を乗り出すかも知れないが。

          海の生き物ではありませ〜ん(小川)


          「写真師・小川が最近、ちょっと撮りたい被写体がありまして……」

          というと海島族(←死語!?いわゆるリゾーターの人)は……
          「どこの島?新しいリゾート??」
          なんて、思うかも知れないが。

          南の島ではありませ〜ん(小川)


          つまり、その〜、何です。
          いつも小川がカメラを向ける(とイメージされている)
          海とか島とか水中とかじゃぁないんです。

          ここまで勿体つけると、さらに言いづらい……

          簡単にいうと、いつでも、どこにでもいる被写体なんですが…
          ふとした拍子に気づいたんですよ…「コイツ、凄げ〜!」みたいに
          さらに、ある意味、コイツの生き様が自分も共感するような…

          とりあえず、撮影に入る前に、
          やはり被写体のことを知らなくてはならないと思い
          図書館で参考になりそうな本を2冊ほど借りてきました。

          これ↓
          ありんこの本

          写真の画質が悪いのは、4月に機種変更した小川の携帯電話「モッサリ君」のせいです(笑)動作がもっさりしているのに加え、カメラ機能が前の機種よりもスペックダウン!タイムラグが大きいし…ピントが悪い…
          お陰で、携帯で写真を撮る機会が減りました(汗)


          そうです、写真師・小川が撮りたいのは……

          ありんこ!
          ありんこ撮りた〜い、ありんこ撮りた〜い、ありんこ撮りた〜い、ありんこ撮りた〜い、ありんこ撮りた〜い、ありんこ撮りた〜い、ありんこ撮りた〜い、ありんこ撮りた〜い、ありんこ撮りた〜い、ありんこ撮りた〜い

          なのであります。

          何なんでしょう?
          ある時、ふと、目に留まったんです。ありんこに…
          何匹かのありんこがお菓子のかけらを運んでいたんですよ〜
          よ〜く、観察すると、みんなで協力して働いているのですが、

          一生懸命に運ぶヤツ
          一生懸命だけど、違う方向に引っ張るやつ
          一生懸命なフリだけで、すぐに持ち場を離れるやつ

          みたいな、人間社会の縮図を見ているような…
          でもって、興味が湧いちゃいました。

          では、撮影となると…
          なかなか手強いかもですね、小さいし、すばしっこいし、

          まぁ、「ありんこ撮影」は本業ではないので、じっくり、ゆっくりやってみます。
          【2009.07.10 Friday 11:48】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
          5月2日ON AIR 「音のソノリティ」見ていただけたでしょうか?
          0
            こんにちは、ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

            写真師・小川は、こんな連休の真っ只中の忙しい最中に取材を受け入れるところも無いので、連休明けの撮影に向けて、準備中です。
            クルマの車検上がったし、どっか、行きた〜い、でも、分かっていて渋滞にはまるのも…

            そういえば、初物です。
            昨日、台風1号と2号が立て続けに発生しました。

            台風1号は5月3日の9時、フィリピンの東で発生。
            北東〜東北東の方角へ20km/hで、発達しながら鳥島、小笠原方面に向かっています。7日の朝に小笠原近海に到達の予想。

            台風2号は同じく5月3日、21時南シナ海で発生。
            こちらは、北北東〜北東〜東へと毎時10km/hとゆっくり。

            小川の撮影には影響ないので、一安心。
            小笠原はGW中は台風をしのげそうですね、ヨカッタ!
            沖縄も大丈夫かなぁ…多分、よかった。
            フィリピンは今、二つの台風にサンドイッチ状態。

            「台風お見舞い申し上げます。」


            ところで……

            先週の土曜日の夜、見ていただけましたでしょうか?
            写真師・小川、撮りおろしムービー第3弾!

            日テレ『音のソノリティ』

            見て下さった方、有難うございます。
            ミニ番組なので、わざわざそのために…ていうのは難しいですよね。

            前回、4月28日このブログの告知ではタイトルをぼかして「ないしょ」なんていいましたが、「ミツボシクロスズメダイの威嚇」でした。
            ザトウクジラと比べ、おあまりにも地味〜な被写体なので、恥ずかしくって言えませんでした。

            じつは、このザトウクジラ〜ミツボシクロスズメダイの一連の撮影で、沖縄・久米島に3回も行きました。
            1回目は、いつものクジラ撮影(スチル・小川の作品撮り)の船にディレクターさんがロケハンとして便乗し、2回目はザトウクジラのムービー撮影、3回目はスポンサーさんと広告代理店さんの立会いの下、ザトウクジラとミツボシクロスズメダイの撮影。
            2回目と3回目は、ドルフィンでのリブリーザー撮影で、あいだの準備期間もあまり無く、手元にあるナイトロックスの充填が間に合わず、急遽ナイトロックスのタンクをレンタルしました。
            あまりにも突然にレンタルをお願いしたので、ドルフィン指定の4ℓスチールタンクが手配できず、テクニカルダイビングの人たちがサイドマウントで使うような5.7ℓの細〜いアルミタンクにDIN300のバルブに付け替えてもらい、60%ナイトロックスを充填してもらいました。

            というわけで、いつもの4ℓスチールタンクだと……

            4lスチールだと

            なのに、今回は細長〜いアルミの5.7ℓ、こんなんです(笑)

            5.7lアルミだと

            ひょえ〜!すっげー横に出っ張ってる!!

            水中だとこんな感じです。

            水中でとこんなん

            いいんです、見てくれはどうであれ、ちゃんとセットできて使えれば……
            しか〜し、やっぱりこの出っ張りはジャマでした。
            エントリーするときは腰にあるタンクは全く気にならないので、すっかりこのジャマな出っ張りを忘れていました(汗)

            いざ!エントリー!

            ゴン!!!

            船べりにタンクの端っこがぶつかる大音響!

            バランスを崩しながら、海面に着水(落水)する写真師・小川……

            これには、スポンサーさんも代理店さんもビックリ!でようね、多分。
            当の小川は恥ずかしいので、早々に潜降・撮影…なので、船上のようすは知りません(恥)


            あまりにもどこにでも居る、このサカナ、でも実は意外と

            「ミツボシクロスズメダイ」っておもしろい!

            ミツボシクロスズメ。スチル撮影のお仕事ではなかなか主役になれない、というか脇役にもなれず、むしろ邪魔者扱いされがちなこのお魚。今回は主役です。全身黒づくめで、しかも中層をふらふら〜って泳ぐので、写真撮影でワイドアングルでシッカリ決めたいときに彼らがチョロチョロ写りこむと台無し…ということもたびたびあった。
            しかし、今回はこの「ミツボシクロスズメダイの威嚇」がテーマ。
            事前に図鑑やガイドブックを調べると、クマノミの仲間に近しい種類である(←これくらいは知っていた)。クマノミの仲間は、強い個体から、雄→雌に性転換(←知ってる)。
            しかし、このミツボシクロスズメダイ。な、なんと、それとは全く逆!
            つまり、強いものから雌→雄に転換!!(知りませんでした)

            でもって、いざ、ムービーで撮影となると、ミツボシクロスズメって沢山居るけど、さて、どの個体が威嚇音を出しているのか、全くわからない。
            よーく観察すると、威嚇しているヤツはカラダを震わせて何やら「怒っている」感じ。さらに観察すると、威嚇中の個体は、体色が白っぽくなるのが分かった。
            でも、それらの観察結果は撮影には活かされない。なぜなら、どちらの行動も「怒って威嚇してる最中」の行動だから…静止画であるスチルなら、それでも咄嗟にカメラを向けて撮れば、なんとかそれらしい行動の写真になるだろうが、動画となると…「威嚇中」という一瞬だけでなく、その前の段階。つまり「ちょっとムカついている」→「怒り炸裂」→「威嚇行動」→「相手を追いは払ったが、まだ気が立っている」→「沈静化」…みたいに個体を時系列的に追いたいのだが、なかなかその気配が掴めなかった。
            結局、予想がつかない行動なので、カメラを回しっぱなしで丸1日、ひたすらミツボシクロスズメダイを撮影となりました。


            寒かったぁ〜!

            撮影中1
            写真:堅田純平(エスティバン)

            いやぁ〜、それにしても1日寒かったです。
            今回、用意したウェットスーツが3mm両面ジャージ。水温が21℃。普通の撮影なら6.5mmの両面スキンでも良いくらいなのですが、クジラ撮影で泳ぐので、動きやすい3mmを選択。それでもクジラ撮影中は泳いでいるので、寒さを感じずにいられたのだが、被写体のターゲットがかわって、ミツボシクロスズメダイとなると、こんどは全く動かない撮影となり、カラダはもう、ガクガク、ブルブルでワザと震えているような状態。しかも動画なので、体の震えは、そのカメラの震えとなり、画面の揺れにつながってしまう。
            というわけで、カメラが回っている最中は意識を集中!…すると、震えないんですねぇ〜コレが。そのかわり、そのあと、カメラを止めた瞬間からガタガタ震えだします。

            そんな撮影でした…楽しかった。(←ぜんぜん懲りていません)

            出来上がった映像では、そんな苦労やエピソードは見えないので、
            今回は撮影裏話でした。 

            ではでは
            【2009.05.04 Monday 10:39】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            他人の空似!?
            0
              昨日、沖縄・八重山諸島での撮影を終えて、帰ってきました。
              午前中の水中撮影を終え、お昼に上陸した島でのこと…
              お散歩をしながら、素朴な集落の様子を撮影していると…

              なにやらおかしな物が…

              ブイ1

              どうやら、流れ着いたウキやらブイに顔を描いたものらしい…

              どれも個性的で、面白い。

              しばらく、一つ一つの表情を眺めていると……

              ん?

              んん?

              何となく、他人とは思えない代物を発見!

              bui

              写真師・小川そっくりのブイ発見!!!

              いや、もしかしたら、小川がブイに似ているのか??
              世界に自分そっくりの人物が数人いるとは聞いていたが、
              まさか、そのうちの一人(というか一個)がブイとは……

              本物の小川

              こっちは本物の写真師・小川です。
              (Photo by 冨樫敬)

              旅をすると、色々な出会いがあるけれども、
              こんな出会いは初めてです(笑)

              【2009.04.17 Friday 23:59】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              日本テレビ「音のソノリティ」 ON AIR ! !
              0
                昨日、見ましたぁ?
                日テレ…
                「ごくせん・卒業スペシャル'09」じゃなくて…
                そのあとのミニ番組
                「音のソノリティ」

                昨夜の3月28日と来週4月4日の2週にわたり
                久米島のザトウクジラがテーマです。

                水中シーンと一部の船上からのシーンを写真師・小川が担当しました。
                実は、小川も撮りっぱなしで、
                編集後の仕上がりを見るのは昨夜のON AIRが初めて。

                ミニ番組とはいえ、2分って短いですね〜
                「足りないくらいが、おいしい」
                って言いますけど、もうチョッと見たい感じですね。

                撮影では、実際に採用されていない、
                あんなシーンやこんなシーンもあるのに……
                う〜ん!!お見せできないのが残念!!
                「もっと見たい!」というリクエストは
                ぜひ、番組のHPの「mail」より、ご意見・ご感想をお寄せ下さい。

                撮影中

                ちなみに…
                来週は、水中でのシーンが中心になる予定…乞うご期待!!
                4月4日、夜22時54分〜「音のソノリティ」
                夜21時〜の大型感動スペシャル「写真は語る 6つの絆 奇跡の感動ものがたり」の後です(笑)

                どうぞお楽しみに……

                音日本テレビ「音のソノリティ」番組HPはこちら…

                エスティバン今回の撮影をフルサポートしていただいた、久米島のエスティバンのHPはこちら…
                【2009.03.29 Sunday 22:06】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                ザトウクジラ撮影終了!
                0
                  昨日、沖縄から帰りました。
                  写真師・小川が2月、3月に沖縄といえば……

                  そうです、ザトウクジラの撮影です。

                  今年は、例年のライフワークの作品撮りに加えて、テレビ番組の収録もしました。

                  で、放送日は……
                  3月28日(土)と4月4日(土)の21:54〜22:00 日本テレビ

                  →番組改変期につき時間変更

                  3月28日(土)23:28〜

                  4月4日(土)22:54〜


                  で、番組名は……
                  「音のソノリティ」
                  という番組です。

                  ザトウクジラ ムービー撮影←写真提供:川本剛志(DIVE ESTIVANT)

                  日本各地の自然や風土に根付いた音、文化的伝統的な音など、そこでしか聴けない音を紹介するというミニ番組です。今回、小川が撮影したのは、もちろん「ザトウクジラ」。
                  ザトウクジラが、いわゆる「クジラの歌」として、水中で同じフレーズの歌のような鳴き声を出すことはよく知られています。今回の「音のソノリティ」では、鳴き声だけでなく、クジラの発する様々な「音」を映像とともに紹介します。乞うご期待!!

                  シーツールドルフィン
                  撮影に使用した機材は、カメラがコンパクトで機動力のある、SONYの「HVR-A1J」とシーツールの「A1JPRO」ハウジングの組み合わせ。潜水器材は、これまたコンパクトでお手軽なSCRリブリーザー、ドレーガー ドルフィン。

                  撮影のようすは後日、アップします。

                  番組のご意見、ご感想などありましたら、ぜひ、下のコメント欄にご記入下さい。

                  宜しくお願いいたします。

                  ではでは…




                  【2009.03.20 Friday 11:50】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(0) | - | - | - |
                  たいへんだぁ!
                  0
                    こんにちは、

                    昨日、ロケから帰りました。
                    今日は撮影機材のお手入れとお片づけ、撮影したデジタルデータの整理と納品、今度のロケの打合せです。

                    なんだか、予定がいっぱいで何がなんだかアハハハ←壊れ中

                    なかでも、「デジタルデータの整理と納品」ちゅうのがヤバイ!

                    このところ、取材が立て続けというか、隙間無く取材が入っていたため即納を要さない写真のデータが10GB近く(写真カット数で・・・もの凄く沢山)あるのです。

                    それらを納品するには、各写真に撮影地や説明のデータ、撮影者の情報などを埋め込み、画像のゴミ取りなどの最低眼の処理をしてからDVDに焼いて納品となるわけなのだが…

                    んんんんん、かなり手ごわいっす。

                    【2007.10.17 Wednesday 11:02】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(1) | - | - | - |
                    夏直前!
                    0
                      こんにちは、
                      写真師・小川です。

                      いや〜、まさに夏直前!
                      今年の夏も、すぐ目の前にぃー!!って感じです。

                      何が…って、撮影が忙しい。

                      水中写真や南の島のリゾートなどを中心に撮影をしていると、
                      雑誌各誌が夏の号を控えたこの時期がなにかと忙しいのだ。

                      そんなわけでこのブログ「写真師徒然」の更新もご無沙汰になってしまいました。
                      何と前回、書き込んだのが6月4日!
                      かれこれ一ヶ月あまり間を空けちゃいました(反省)。
                      その間、見に来てくださった方、ゴメンナサイ。

                      そんなわけで、この一ヶ月の間、小川は何をしていたかと言うと…

                      沖縄・ケラマ方面で撮影。
                      夏の号に向けて、ケラマのサンゴの海を撮影。でもサンゴの産卵は潮周り的に無理…梅雨真っ只中なのにイイ天気!

                      沖縄・八重山方面で撮影。
                      夏の号に向けて、八重山の海のダイナミックな大物から繊細な小物に至るまで撮影。おいしい石垣牛を横目に、取材の予算上、コンビニ弁当の日々…

                      沖縄本島で撮影。
                      撮影というより高級リゾートでちょっとマッタリ。泡盛の酒造所の酒蔵で全身、泡盛臭に囲まれイイ気分?ヘヘ

                      紀伊半島で撮影。
                      東京から南紀に向け編集車で激走!8時間。慣れているせいか意外と楽勝。沖縄とも伊豆ともちがう紀伊の海を撮影。

                      三浦半島で撮影。
                      あま〜い三浦すいかをお土産に買いつつ水中撮影。近場とはいえ、被写体の多さに感動。

                      小田原方面で撮影。
                      ちょっと地味目の海だけど、魚市場食堂で定食を食いつつ水中撮影。

                      西伊豆方面で撮影。
                      西伊豆有数のダイビングエリアを激写!浅場に季節来遊魚の姿、夏だねぇ〜

                      南伊豆方面で撮影。
                      写真師・小川、20年ぶりのこのエリアで水中撮影。アマチュア時代に潜ったきりで、なぜかお仕事では初めて。地形の面白さに感動したが、天候・海況に恵まれず、海の良さが写真に現れず残念!

                      ※例によって雑誌発行前につき具体的な場所はナイショです。

                      ってな具合です。


                      前半の三つ。沖縄三連チャンは沖縄が梅雨真っ只中。
                      そして、後半の紀伊〜南伊豆は本州が梅雨真っ只中です。
                      前半と後半を入れ替えると、本州が入梅前、沖縄が梅雨明け直後となり、
                      何となく良い感じなのですが、雑誌の製作進行上そうはいきません(残念!)

                      沖縄三連チャンは6月のサンゴの産卵シーズン!と思いきや…
                      ケラマ撮影中は八重山諸島の石垣で記録的な一斉産卵。
                      八重山で撮影していると、ケラマ諸島でサンゴの産卵。
                      こちらも、ケラマと八重山を入れ替えるとどちらもビンゴ!のような気が…
                      しかし、やはり製作進行上、そうはいかないそうです(残念!残念!)

                      オイ、オイ、オイ…何だか行動が裏目、裏目に出ているような…


                      【2007.07.14 Saturday 07:05】 author : tamon-s | 撮影日記 | comments(1) | - | - | - |
                      CALENDAR
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      RECOMMEND
                      NEW ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      写真師のおすすめの本
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      SEARCH
                      PAGETOP